ご注文はお電話でも承っております/フリーダイアル 0120-298-012(受付時間は土日祝日を除くAM10:00からPM6:00まで)

PARCO STAGE SHOP

いらっしゃいませ$FIRST_NAME$ さん / ログイン / ログアウト

Home > 全ての商品 > DVD > マイ・ロックンロール・スター [DVD]

Item Images

マイ・ロックンロール・スター [DVD] メイン画像
マイ・ロックンロール・スター [DVD] メイン画像
拡大 Prev Next

ある日突然、別れた女房と子供が15 年ぶりに帰って来た。
ムスコよ、君はいったい何を愛していたのか。
長塚圭史が贈る、スピード感あふれる21 世紀の家族劇。

【作・演出】 長塚圭史
【出演】 長塚京三 野際陽子/
     京野ことみ 猫背椿 中山祐一朗 山内圭哉 池田鉄洋

劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」主宰にして作・演出も手掛ける長塚圭史が2002 年にパルコ・プロデュース公演として書き下ろした作品「マイ・ロックンロール・スター」。
15 年前に家族を失い独り寂しく暮らす男に映画、ドラマ、舞台で常に活躍している長塚京三、再婚相手に離婚され、子供たちと共に戻ってくる身勝手な妻を野際陽子、世間から落ちこぼれ気味の子供たちにテレビ・映画・CF と幅広く活躍する京野ことみと「阿佐ヶ谷スパイダース」の中山祐一朗、ほか、テレ ビドラマへの出演も目立つ「大人計画」の猫背椿、「Piper」の山内圭哉、「猫のホテル」の池田鉄洋といった小劇場系実力派俳優を揃え、個性・実力・人気を兼ね備えた魅力あふれるキャスト陣で上演、2003年秋の話題を攫いました。
バラバラになった「モト家族」が共通の目標を見出し、立ち向かう様を描いたこの作品は、まさに『21 世紀の家族劇』と呼ぶに相応しい作品です。

【ストーリー】
ある日突然、別れた女房と子供が15年ぶりに帰ってきた。

それは、とあるフツーの朝のことだった。
突然、別れた女房と子供が15 年ぶりに帰ってきた !
再婚相手と離婚したからしばらくこの家においてくれ、と元女房。
15 年前にオレ(長塚京三)を捨てて出ていったくせに何て勝手な言い草だ ! 出ていけ !
───と、言いたいところだが …… ぐっと言葉をのみこんだ。

家族が欲しい。

孤独だったこの15 年間、ずっとそう思ってきた。
だからオレは、この「出戻り」の家族を、しぶしぶ、受け容れた。
ところが元女房の敬子(野際陽子)は、今やストレス性の万引き常習者(そりゃ離婚もされる訳だ !)。
長女の知留子(京野ことみ)は、短大の卒業試験を4 年連続で落第中。
そして長男の太(中山祐一朗)は32 歳にもなって引きこもり状態 !
我が家族ながら、ほんっとに情けない奴らだ。

そんな時隣のライブハウスから、フルヴォリュームのロックンロールが聞こえてくる。
その大音響に、元女房も娘も半狂乱。「こんな家には居られない !」とわめき始めた。
このままでは、せっかく戻ってきた家族が、またバラバラになってしまう……。
普段仲良くしてもらっているライブハウスの雇われ店長・小百合さん(猫背椿)には悪いが、こうなりゃ、ライブをやめさせるしかない。
そこでオレたちの、あのテこのテのライブハウス営業妨害作戦が始まった。
ライブハウスと戦うことで、オレたち家族は、再び心ひとつになれるような気がした。

だが───。
そこに助っ人として参戦してくる、娘・知留子の彼氏だというストーカー気味の銀行員・霜島(池田鉄洋)。
しかし知留子は、あろうことに敵方のミュージシャン、美崎森(山内圭哉)に惚れてしまい、そして……。

その夜、激しいロックンロールが鳴り響く中、オレたち家族の絆を完全に断とうとする、哀しい事件が起きた───。

【商品仕様】
2002年11月パルコ劇場にて収録
本編: 151min 特典映像: 38min
【特典映像】
★顔合わせから、スチール撮影、製作発表、稽古場、舞台稽古まで裏側に完全密着!「メイキング映像」
★東京公演、地方公演千秋楽の楽屋に潜入!「キャストインタビュー」
★“美崎森椿”(=山内圭哉)、幻のプロモーションビデオ

【副音声コメンタリー付き】
長塚圭史、中山祐一朗、山内圭哉による解説付き
【マルチアングル機能つき】
本編をキャストの表情を中心に観ることができる @「スイッチング映像」
まるで舞台を客席から観ているかのように体感!A「舞台ロングショット」


マイ・ロックンロール・スター [DVD]

商品番号 PLS0078

販売価格6,075円(税込)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み